FXを取り組む前に頭に叩き込んでおいたほうが良い知識

FXで効果的な手法が見つかった時の対処方法

絶対に外部に公開しないほうが良いです。親友や知人、FXトレードの仲間にも手法公開は控えましょう。理由は、すぐにアルゴリズムトレードやAIに取り込まれるからです。どんなにその時、効果のある手法でもコンピューターに解析されてしまっては、使い物になりません。手法は少数で、ヘッジファンドやFX会社に見つからないように細々と使うからこそ効果を発揮すると覚えておいてください。

FXトレード初期にスキャルピングしないほうが良い理由

トレードで一番むずかしく職人的な技量が必要なのがスキャルピングです。FX取引ツールの厳選、ローソク足の知識、他のテクニカル指標への造詣も含め、トレード初期にはおすすめできないトレード方法です。スキャルピングトレード自体はFXで簡単に行なえます。ですがトレード機会を厳選することができることが必須条件です。初期はデイトレードもしくはスイングトレードをおすすめします。

シンプルな手法を3つ4つ用意しよう

複雑に組み替える、もしくは数値を変更しなければ、テクニカル指標は似たりよったりなところがあります。結果は同じという意味です。だから手法を10、20編みだすより、シンプルな手法を少しだけ取り入れ、使える環境使えない環境を分析しましょう。一生使える手法はなく、どこかで使えなくなり、また再び使えるようになるといったサイクルを学びましょう。手法には流行り廃りがあります。だからぴったりハマる手法を少数の中から選択してFXで稼いでいきましょう。

1つのマーケットだけに固執しないことの大切さ

金融マーケットはFXだけではなく、株式、先物、仮想通貨、ゴールド、原油様々あります。FXのマーケットが動かず、トレードがしづらいと感じたら他のマーケットに注目してください。もっと簡単に稼ぐチャンスがみつかります。簡単に稼がせて貰える情報はなかなか回ってきません。なぜなら知れ渡ったら、自分の利益が少なくなるからです。知ったらしまいが相場の世界だということを理解してFX以外の選択も視野に入れましょう。ここでも良いマーケットをみつけたら他人に教えないのが鉄則です。

FXは他の金融商品より身近でとっつきやすい所があります。ロングショートどちらからもトレードできますし、証拠金も少額からはじめられます。レバレッジもかけられます。ですが、勝つための努力は必要です。あえてトレードしない時期もでてくるでしょう。手法で悩むかも知れません。そんな時、これら意見が参考になれば幸いです。大事なことは先に理解しておくに限ります。

 

投稿日:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です